伏見稲荷のご神域で悪ふざけをしてはいけません

伏見稲荷の裏の稲荷山は信仰の場所。ここでいたずらをしたり、マナー違反をするとどんな人でも罰が当たります。

伏見稲荷で悪ふざけをすると罰が当たります
正月に店番をする服部さん 包帯を巻いた腕 少し怖い表情の狐の手水

稲荷山は信仰の場  ~初詣での出来事~

ここでは私KATOの個人的に見聞きした知識で稲荷山で体験したことをお話しします。神様や天罰があると思う人も、ないと思う人も、「ふうん、そうなんだ…」という気持ちでご覧ください。

ある若者の無礼なふるまい

たくさんの学生や初もうで客でにぎわう仁志むら亭

2020年の元旦の出来事です。私は午前3時頃から稲荷山に初詣に出かけました。

毎年のことですが、伏見稲荷大社の三が日というのは年一回、唯一のお参りをする初詣客も願掛けに来る日なので、失礼ながら人の質があまりよろしくありません。中には大酒を呑んだ勢いで「よし、山に登ろう!」と初登山を試みる学生のグループもいます。

信仰者からすればちょっと迷惑な話ですが、神様は人の質を選びません。自分で気づくことを待つスタンスを取っておられるので、私どもがどうこうと口出しすることでもありません。これは観光者に至っても同じです。

私と家内が仁志むら亭前の見晴台の前の坂道にさしかかった頃、前を7名ほどの20代の男女混合グループが大声で話しながら登っていました。大晦日からつい先ほどまで呑んでいたようです。

その中の一人の男性がお尻を突き出しブウッと大きなおならをしました。ウケを狙って続いて登ってくる仲間達にわざとおならを放(ひ)りかけたようです。一同はわっと笑い「そういうのやめて~」とか「臭い、臭い、わははは」と言って大盛り上がり。

たくさんの初詣客が集う元旦の眼力社

臭いはそこら中に広がり周囲にいた初詣客全員が不愉快な気持ちになりました。眉をひそめるご夫婦、何か言いたげに友達と目線で会話する女性グループ、咳ばらいをして足早に通り過ぎる男性などがいましたが、若者らはそれを気にも留めずに大笑い。

そのうちの一人がびっくりした周りの人たちに「おお、中年カップル、いいじゃん」と訳の分からぬ上から目線で絡んで来ました。(なんだ、文句あんのか?)というとても残念な口調でした。

白玉神社のあたり

稲荷山は観光客も受け入れているので勘違いされることも多いですが、時代は変わっても「信仰の山」です。お稲荷さんのご眷属さんは特にプライドが高く、下品なこと、傲慢なこと、手を抜いたことを嫌う傾向があるように私は思います。

左手に沢のある白玉大神さんのあたりから空気が変わるのでお気づきの方も多いかと思いますが、特にあの場所より上の山中でふざけたり無礼なことをすると罰が当たると聞きます。もちろん境内もダメですが特にそれが強い場所だそうです。知っている人は知っていますが、誰も教えてくれることもありませんので気を付けた方が無難です。

鳥居を初奉納する

私は先ほどの若者達に今後障りが出ても、それはそれで「学び」。仕方ないことだろうと思い「今年は神様が怒って嫌な年にならないといいね」と家内と話しながら歩いたことでした。
その後、世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るいます。たった一人の若者のおならに神様が怒ってコロナになった!とは言いませんが、なんだか嫌な暗示を見てしまったなと思っています。

一秒の“悪考え”が命取り

以前、信用できる知り合いの女性霊能者が話してくれたことですが人生はたった一秒の判断で狂うことがあるそうです。

追突事故

数年前、その霊能者のお兄さんが車を運転中に後ろから追突されたそうです。大した事故ではなかったのですが、翌日から首が動かず寝たきりになり入院してしまいました。半年ほどその状態で耐えたそうですが(事故の規模と比べて体への障害が大きすぎる、どうもおかしい…)と思ったそうです。そこで連絡を絶っていた妹に急遽連絡を取り霊視してもったところ「もしかしておかま掘られた時、変なこと考えなかった?」と訊かれました。

怪我した左腕

お兄さんはしばらく考えて(これは保険金が取れる!)とほんの一秒だけ思ったと正直に言いました。妹さんは言いました。「それだ!その考えが本当に体に障りを起こしてるから、今すぐその時の考えを改め、神様にお詫びしないと。」それ以降、お兄さんの障害は取れ無事健康な体に戻れたそうです。

上の参道でわざとおならをした若者もそうですが人は日常的に瞬間、瞬間で判断を下しています。
これをやったらウケるかも?よし、やろう!
これをやったらお金が入るかも?よし、やろう!
これをやったらあの人からこの人を奪えるかも?よし、やろう!

赤々と燃えるろうそくの灯る元旦の眼力社

気を付けるべきはこのよし、やろう!の方です。 いや、やっぱりやめよう、やるべきではないと訂正すれば大丈夫です。

邪心は邪鬼がささやく声を人間が受け入れてしまうから芽生えるものです。受け入れ続けているとやがてその本人自体が邪鬼に変わってしまいます。どうぞ心の鍵をしっかりと掛け、良い声だけを聞き入れるようにしてください。

どんな天罰が起きますか?

“一休さん”から天罰とは具体的にどんなことが起きるのでしょうか?とご質問を頂戴しました。

昼となく夜となく神域で無礼を働くと罰が当たります

私は昔からお坊さんの説法を聞くのが好きです。因果応報の話に興味がありますが、稲荷の大神の天罰とはどのようなものですか?私自身も気を付けようと思うのでご存知の範囲で教えていただけませんか。

一休

■KATOからのご回答

初めまして。ご質問をいただき感謝します。私は霊能者ではないのでその点ご了承いただきたいのですが、自分の経験とほかの人からお聞きした話から申し上げると、お稲荷さんの罰は早いのが特徴です。早ければその日のうちに返ってきます。そして同じ単語を使ったり、やったことと似た出来事を起こして罪を犯した本人が気づくようになさいます。

例えば今回おならをした若者の件ですが、この人には至近距離で他人のおならを聞かされるような出来事が起こっていると思います。それは必ず本人が不快に感じるような場所とタイミングで訪れていると思います。そして(なんであの人あんな嫌なことをするんだろう…)と相手の品のなさを批判したり、自分ならしないのにという考えに至るようになります。端から見ればどの口が言うと思いますが、こういうことをする人の場合、都合よく過去にしたことは忘れているか、自分は別格にして棚に上げています。

そして大真面目に(こんな場所で自分ならしないのに…)という記憶だけが残り、過去のことはどうあれこの人が人前でおならをすることは全くなくなるはずです。

ただ、さらに上の神様が見ていた場合は違うことが起こります。痛み、急な出費、トラブルなどの本当の天罰が来ます。大腸、直腸、肛門などの病気に気をつける必要があります。気づくまで床に縛られ反省を促されます。たいていの場合、人は入院すると気分が落ち込み、やんちゃな遊びをまたしようという気にはなりません。

無意識であろうがなかろうが神様への無礼はどんな場合でもしてはいけません。

この世の中で一番高価なものは「時間」です。人間は限られた時間の中で生かされ、進化し、幸福になることを目的に生まれてきます。その大切な時間を取り上げられてしまうのは本当にもったいないことなのです。

行いもさることながら、言葉も気をつけないとダメ

稲荷山でのふるまいについて匿名様よりメールを頂戴しました。

眼力社拝殿、神様は見て聞いておられます

『御山』で無礼な行いをすると必ずそのまま無礼な行いをした本人に返ってきます。

行いもさることながら、言葉も気をつけないとダメですね。直接神様に聞かれてしまいますから。

いずれにせよ、神域に人間が入って行くのですから、余程礼儀をわきまえないといけません。

眼力さんのみどころ情報