豆書「一斗二升五合」の体験談

会社社長、自営業の方からのコメントが寄せられています

豆書「一斗二升五合」の体験談
通帳とお札 電卓 商売繁盛を願う縁起物の熊手

まめ書「一斗二升五合」を購入された参拝者のコメント

きっかけ作りが開運づくり

きっかけ作りが開運づくり

仕事で工業用機械を販売しています。私には営業先に苦手な怒り顔のお客さんがいます。何度か足を運びカタログも見せ見積もりも出してきたのですが、寸前に横やりが入りダメになります。ある時夕方にお伺いした帰り道、「おい、一緒に飲みに行かないか?」と誘われました。
何を話そうかと考えていたら財布の中に良いものがあるのを思い出し「専務、これ意味分かります?」と質問してみました。分からないとおっしゃるので意味をお酒の升を指さしながら説明すると専務は大いに感動されました。それ以降、会社の飲み会にはよく呼んでもらえるようになり、現在3台の機械をご契約いただいています。人と人との関係は見積書だけでは伝わらないものですね。口下手な私のことをお客様に知ってもらえるきっかけを作ってくださった神様に感謝です。


不思議な1,2,5

不思議な1,2,5

修学旅行で伏見稲荷に行ったときに、眼力大神前の売店で「一斗二升五合」って何だろう?と思って買いました。
調べると商売繁盛のことだと分かり、学生の自分には関係なかったか…と思っていたのですが、気が付けば1、2、5の数字の連鎖が起こるようになっていました。例えば、試験の成績はクラスで1位。バレンタインにもらったチョコは2個。学年のイケメン選手権で神ファイブに入りました。時計を見ると1時25分が頻繁にあります。こういう連鎖が起こるときはシンクロが起きていてよいことが起きる前兆だそうですね。楽しみです。


不況の出口が見えて来ています。

不況の出口が見えて来ています。

こんにちは。地元で代々機械部品の製造業を営んでいる個人経営者です。祖父の代から続けてきましたが、10年前から安い海外製品に国内の販売シェアを奪われ従業員の三分の二を解雇。工場も敷地を売り、規模縮小してしのいで来ました。もうだめか、もうだめかも。そんな愚痴を妻や専務に聞かせる日が続いていました。そんな折、伏見に出向いたときにたまたまこの一斗二升五合の豆書を見つけました。裏面に面白い言葉が書いてあり、まさにその通りと思って買って帰りました。今月で持ち歩き三か月目になりますが徐々にこの不況の出口が見えて来ています。実は徹底的に帳簿の見直しを図りました。商人は数字を読めてなんぼ。深く心に刻みます。


売り上げが先月の約5倍になりました。

売り上げが先月の約5倍になりました

いつも眼力さんに行くたびに豆書を買っています。今回は新作の一斗二升五合を頂きました。もともと姉の目の手術のために願掛けに通い始め、その時に眼力を買って無事、手術成功。謙虚と感謝を買ったときはなぜかもらい物が多くなりました。幸福を買ったときは母が再婚(←家族全員でびっくり)。で、今回の一斗二升五合ですが、なんと10年続けてきたネットショップの売り上げが急に上がる不思議な出来事が起きました。理由は私のショップを有名人が口コミしてくれたからで、急にアクセス数が増え売り上げが先月の約5倍になりました。眼力さんからのご利益と思ってこれからも良い品物を提供して行きます。


このpageをSNSでシェアする

眼力さんのまめ書 眼力さんのまめ書 眼力さんのまめ書 眼力さんのまめ書 眼力さんのまめ書 眼力さんのまめ書
眼力さんのみどころ情報